2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2007.02.10 (Sat)

偶然…?

常連さんといってもいろいろありまして、名前や仕事なんかをよく知っている人もいれば、顔は知っているけど名前はまだ聞いていない人もいる。なかなか名前を聞くまでには時間がかかるのですけど、ボトルを入れてくれたりすると分かりやすい。
そんなまだ名も知らないたま~に来店するお客さん、若いカップル(男性のほうはよく来ている)がテーブルへ。そして二週間に1回くらいのペースで来てくれるちょっと年配(失礼かな?)のカップルがカウンターへそれぞれ座っていた。年配のほうの女性が席を立った時、男性が若いカップルに話しかけている。普段そんなことはしない人なので不思議に思っていたら、変える間際にその男性が、
「あれ(若い男性を指差して)私の息子なんだよ」
「え~?ホントですか」
今まで何十回も来てくれているのに、鉢合わせしたことがなかったんですね~そしてお互い将軍に来ているなんて会話もないのでしょう。
あとに残った若い男性(まぁ息子さんだよね)は、
「よく来てるの?」
と聞かれましたが、何だかとっても不満そうでした。そういえば彼はあれから来なくなったなぁ~(お父さんの方は同じペースで来店してます)。
昨夜は、やはり二週間に1・2回くらいの会社員さん、いつも3人組、2人組で別々にやってくるのですが、その方たちが同じテーブルで飲んでいる。店長は、
「なんであの人たち一緒に飲んでるの?」
と私に聞いてきたけど私にわかるわけないじゃん!なんでも同じ仕事仲間だったり、同じマンションに住んでいたりが交差している関係のようでした。本人たちも昨夜その事実がわかり、うれしそうにそのことを店長に話していました(全員で同時に話すもんで私にはよく聞き取れなかった)。
ん~やっぱり検見川を歩く時は気を抜けないんだなと再認識しました。どこかで誰かがあなたを見ている………なんちゃって。
スポンサーサイト
12:38  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iisakeshogun.blog71.fc2.com/tb.php/41-48dbe162

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。